腎臓に良いサプリメントのご紹介!

おすすめの腎臓サプリメント

 

 

サプリを持つ人

 

腎臓サプリメントと言えばコレ!


 

腎臓に良いサプリメントとは何でしょう?
それは腎臓の機能を高めたり、サポートしたり、負担を軽減したり、腎臓病の予防や改善に役立つサプリメントです!

腎臓は私たちの体内でとても重要な働きをしています。もし、正常に機能しなくなると様々な不具合が発生し、場合によっては大きな病気になることがあります。

 

つまり、私たちが健康的な生活を送るためには大事にしなければならない器官だということです。

 

そこで、普段からサプリメントなどを服用して腎臓の病気を防ぐ意識を持つことが大切です。サプリは必要な成分を直接摂取できますので、とても便利です。また、栄養が豊富で、健康を増進させながら不具合な部分を補うものですので、体に良いのです。

 

こちらでは、腎臓に良い影響を与えて、健康維持に役立つ成分が含まれている3つのサプリメントをご紹介しています。いずれも多くの方から高い評価を受けている素晴らしい商品です。

 

その中でもクレアギニンEXというサプリメントは、海外で腎臓に良いというエビデンス(証拠や根拠)を持っている「γトコフェロール」と「スピルリナ」が配合されています。実際に飲んだ方からの評判も抜群で、大ヒット商品となりました。

 

現在、日本国内では、腎臓対策専用のサプリメントはあまり販売されていません。そのため、腎臓と関連性が深い器官の改善に役立つ商品を「腎臓に良いサプリ」として紹介されているケースが多いのです。

 

その中でクレアギニンEXは、「腎臓サプリメント」とも呼ばれている数少ない商品で、特に健康診断などでクレアチニンの数値が気になるという方にオススメです。

 

また、他の2つの商品であるオルニパワーZnプラスレバリズム-Lも素晴らしいサプリメントです。

 

特にオルニパワーZnプラスは、現在、500円でお試しできるキャンペーンを実施中ですのでオススメです。


腎臓サプリメントでおすすめは?(最新:2019年8月ランキング)

クレアギニンEX

 

<クレアギニンEX>

オススメ度

 

★腎臓に良い成分を含め、計29種類を贅沢配合!★

 

「腎臓」「排尿」「毛髪」に働きかける成分が配合されているサプリメントとして多くの方から支持され、口コミで大ヒット商品となりました。

 

腎臓のケアに役立つというエビデンス(証拠)がある「γ(ガンマ)トコフェロール」や「スピルリナ」、血流を促進して腎臓の働きをサポートする「L-シトルリン」が含まれていることが、実感率が高い要因であると考えられます。

 

また、腎臓と泌尿器官は繋がっていますので、排尿トラブルは腎臓に対しても悪影響を与えますが、クレアギニンEXは頻尿などのトラブルを改善し、腎臓の負担を軽減するノコギリヤシやペポカボチャもたっぷり入っています。

 

つまり、腎臓だけでなく、関連性がある器官もトータル的にサポートすることによって、腎臓の健康増進を図る多種調合のサプリメントなのです。

 

尚、ノコギリヤシは男性の尿の悩みに限定されますが、ペポカボチャは男女問わず、泌尿器系のトラブル改善に良い成分ですので、女性の方にも人気が高い商品です。

 

その他にもオルニチンを含んだシジミエキス、タウリンを含む牡蠣エキスなど、業界トップクラスの贅沢配合を実現した高品質サプリです。

 

お客様満足度92%を誇り、クレアチニンの数値が改善したという喜びの声も多数寄せられています。

 

現在、「毎月お届け便」のコースは、初回購入時70%OFF(※当サイト特別価格)のキャンペーンを実施中です。

 

このコースは、継続ノルマなどがなく、いつでも変更や休止が出来ますので、お気軽にご利用頂けます。

 

 

詳細はこちら→ 腎の底力!多種調合!クレアギニンEX

 

オルニチンZN

 

<オルニパワーZnプラス>

オススメ度

 

★特別キャンペーン大好評!500円でお試しのチャンス★

 

「お酒を飲む機会や残業が多く、毎朝体がぐったりして辛い」「健康診断の数値が気になる」という方のために作られたサプリメントです。

 

主要成分として、肝臓に良いオルニチンがたっぷり含まれた「しじみエキス」が配合されています。

 

肝臓は不要物を解毒して腎臓へ送る役割があり、腎臓はそれを濾過して尿を作ります。もし、肝臓が弱って正常に働かなくなると、それが腎臓への大きな負担となり機能が悪化することに繋がってしまうのです。

 

そのためオルニチンで肝臓の働きを助けることが、腎臓の健康を守ることになるのです。

 

その他には亜鉛、ビタミン類、アミノ酸がたっぷり含まれ海のミルクと言われている牡蠣エキス、カロテノイド(天然色素)の一種で強い抗酸化力を持ち、老化や病気の要因になる活性酸素を除去してくれるアスタキサンチンも配合されています。

 

只今、特別キャンペーン実施中でオルニパワーZnプラスを500円(税込・送料無料)で試せるチャンスです。定期コースの初回に限り特別価格500円でお届けしています。

 

もし、ご自分に合わないと感じた方は2回目以降のご注文をキャンセルすることができます。また、2ヶ月や3ヶ月に1回の定期配送や注文のお休みも可能です。

 

つまり、回数や期間の制限がなく、いつでも休止や解約がOKなのです。そのため、お気軽にご注文できる商品です。

 

また、安心の30日間返金保証も付いています。

 

 

詳細はこちら→ オルニパワーZnプラス!500円

 

レバリズム-L

 

<レバリズム-L>

オススメ度

 

★厳選素材の栄養成分をそのまま凝縮した”自然の食品”★

 

「静岡県産のシジミ」「岡山県産の牡蠣」「千葉県産のスクワレン」などの厳選素材は、2年の歳月をかけて見つけたものです。また、調合にも1年半の時間をかけて、実感率が高いサプリメントに仕上がっています。

 

シジミはオルニチンが豊富に含まれています。オルニチンは肝臓内の尿素回路でアンモニアなどの有害物質の解毒を促進して、肝臓の活動を助けてくれます。

 

それが肝臓と関係が深い腎臓の濾過機能をサポートして、腎臓の負担を軽減してくれます。

 

そのため肝臓と腎臓の両方に良い影響を与えてくれる成分なのです。さらにシジミは腎機能回復や慢性腎不全・腎障害の予防にも良いと言われています。

 

また、牡蠣には肝機能をアップさせてくれる亜鉛やタウリンが含まれていますし、スクワレンは肝臓に酸素を運んでくれる成分です。

 

モニターコースは、初回980円(税込み:送料無料)のお手頃価格で、いつでも休止や解約ができます!

 

 

詳細はこちら→ レバリズム-L!初回モニター価格980円

 

 

腎臓に良いサプリメントでオススメの商品をご紹介します。

 

こちらでご紹介しているサプリは、腎臓に不安がある方に限らず、様々な方にオススメできる商品です。あなたの健康増進にお役に立てるものが揃っています。

 

第1位から第3位までの3つのサプリメントは口コミ評価が高く、多くの方から支持を頂いています。人気が高いものからランキングを設定していますが、私も実際に飲んだ経験がありますので、その時の感想を交えてオススメのポイントをお伝えしています。

 

尚、私が現在も飲み続けているのは、クレアギニンEXです。3つの商品ともに電話対応されたスタッフの方が親切丁寧ですので、気軽にお問合せやご相談ができます。

 

オススメのポイント

第1位「クレアギニンEX」

全体的にレビュー評価が高いのはもちろんですが、私が一番実感できたサプリです。

 

飲むようになってから腎臓と関わり合いが深い泌尿器官において頻尿や残尿感の改善がみられました。また、夜もぐっすり眠れるようになり、お通じも良くなりました。それに加えて、精力アップや髪がフサフサするなど、好ましい変化が現れています。

 

中でも一番嬉しかったのは、トイレに行く回数が明らかに減少したことです。

 

配合されている29種類という豊富な成分が体に良い影響を与えてくれているのかもしれません。これは、あくまでも私個人の感想ですが、私に限らず、全国からたくさんの喜びの声が届いています。最近は私の母も飲み始めました。

 

このクレアギニンEXには、海外で腎臓に良いというエビデンス(研究結果や根拠)があるγトコフェロールとスピルリナが配合されていますので、それも人気が高い理由の1つと言えるでしょう。

 

特にクレアチニン値が気になる方にオススメしたいサプリメントです。

 

第2位「オルニパワーZnプラス」

肝臓や腎臓の働きをサポートするオルニチンをはじめ、亜鉛、アスタキサンチンなどの成分が配合されたサプリです。厚生労働省が定めた厳しい品質基準であるGMPを取得した工場で製造され、品質管理されていますので安心して召し上がることができます。

 

現在、500円でお試しできるキャンペーンを実施中で、30日間の返金保証が付いていますので、この機会にお求め頂きますとお得です。

 

第3位「レバリズム-L」

テレビでも紹介されたサプリメントで、素材探しに2年、調合に1年半をかけて作られました。お客様満足度97%を誇るオススメの商品です。私も飲み始めてから、歓送迎会や忘年会などの翌日もお酒が残らなくなりました。

 

主に肝臓の働きをサポートして腎臓にも好影響を与えてくれるサプリメントです。

サプリメントをオススメする理由、選び方、飲み方について

サプリメントと女性

 

オススメする理由

当サイトでは腎臓サプリメントをご紹介していますが、その理由は、「腎臓は健康を維持するために重要な役割を果たしている」「腎臓は自覚症状が現れにくい」という2つが挙げられます。

 

しかし、それだけではありません。サプリメントが腎臓病などの病気対策として役立つ成分が配合されていることも大きな理由の1つです。

 

今の世の中では、健康の維持や増進のためにサプリメントは欠かせないものになりました。病気を治療するというより予防する要素が強いのですが、継続して摂取することによって病気が改善したという例もあります。

 

私たちは、体を健康に保つために必要な栄養素を食品から摂っています。ところが、食べ物に好き嫌いがなく、毎日バランスが良い食事を摂っている人であっても、すべての栄養素をカバーするのは並大抵のことではありません。例えば、厚生労働省は1日に350gの野菜を食べることを推奨していますが、これを実行するのは厳しいでしょう。

 

つまり、不足しやすい栄養を食品で補う場合、たくさんの量を食べなければならないこともあるということです。

 

そのため健康食品やサプリメントの存在が重要になってくるのです。

 

必要な栄養成分を直接補給できる

ことが大きなメリットと言えるでしょう。

 

それがサプリメントをオススメする理由です。

 

これから病気予防の意識を持つ人が増えますので、ますますサプリメントの必要性が高くなるでしょう。

 

サプリメントは薬事法により効果効能の表現などを厳しく規制されていますので、本来製品が持っている素晴らしさを消費者に充分に伝えきれていないという問題も生じています。表現が緩和されれば、さらに利用者が増加するでしょう。

 

 

選び方について

まず、目的に合った商品を選ぶことが重要です。「何となく体に良さそうだから」という理由で購入するのは良くありません。そのためには、自分の体調や食生活を含めた生活習慣などから、どのような成分が必要であるか判断して、それに合ったサプリメントを選びましょう!

 

「健康診断の結果で腎機能が衰えていたので、腎臓に良いサプリメントを購入した」など、目的に合っていれば、あなたの健康に役立てることができます。

 

また、コスト面もチェックしなければならないポイントの1つです。サプリメントは飲み始めてすぐに、その素晴らしさをわかる人もいますが、通常は継続することによって効果を実感するものです。

 

コストが高ければ継続して摂取するのが難しくなりますので、あまりにも高額な商品は避けるようにしましょう。栄養素が豊富に配合されていて、価格もそれほど高くないものが理想的です。

 

つまり、費用対効果(コストパフォーマンス)が高い商品を選ぶのがベストなのです。

 

そして、もう1つ忘れてはいけないポイントは購入者のレビューです。実際に飲んだ方の「生の声」はとても貴重で、商品を選ぶ際に参考になります。必ずチェックするようにしましょう。

 

今やサプリメントは様々なメーカーから多数の製品が発売されています。

 

当サイトでは、お手頃価格でご購入頂けて、評価が高い腎臓サプリをご紹介しています。無理なく必要な栄養素を補給して、健康維持につなげるようにしましょう。

 

 

飲み方について!

まず、飲み方で重要なのは、1日の目安量を守ることです。

 

なぜなら、

目安量より多く飲んでも意味がない

からです。

 

充分に足りているにもかかわらず、それをオーバーしても体への影響は変わりません。それどころか、逆に過剰摂取によって体調不良になる栄養成分もあります。

 

もちろん、容器やパッケージに記載されている目安量の通りに飲んでいれば、何も問題はありませんので、きちんと守ることが大切です。

 

中には飲み忘れた日の翌日に、いつもより多めに飲むことを推奨しているサプリもありますが、それでも1日の目安量を守ることが基本となっています。

 

そのため、毎日、目安量の上限で摂取している方は、飲み忘れた日の翌日であっても、普段通りの量に抑えたほうが良いでしょう。

 

また、飲む時間帯ですが、サプリメントの場合は特に決められていません。あなた自身で時間を決めて習慣化させれば、飲み忘れを防ぐことができるでしょう。

 

一般的には、腎臓サプリに限らず、就寝前は避けたほうが良いと言われています。なぜなら、夜中にトイレに行きたくなって目が覚めるのを防ぐためです。睡眠を充分に取ることは健康維持に大切ですので、眠りの妨げにならないほうが良いのです。

 

最後に飲み合わせですが、サプリメントは食品ですので、基本的には気にする必要はないと言われています。しかし、実際には相性が悪いサプリの組み合わせもありますので、事前に確認するようにしましょう!

 

もちろん、薬との飲み合わせについてもチェックするようにしてください。

 

サプリメントは商品によって様々な特性があります。もし、飲み方で迷いが生じた時は、それぞれのメーカーのお問い合わせ窓口へ相談すると良いでしょう。


腎機能を向上させて数値を改善させるための成分

 

 

腎臓に良い成分

腎臓に良い成分についてお伝えします。気になる方はぜひチェックしてください。腎臓の機能を向上させて数値の改善が期待できます。

 

オルニチン

遊離アミノ酸の一種でアルギニンが分解されて生成される物質。尿素回路でアンモニアを分解・解毒する作用などがある。

ペポカボチャ

日本では「おもちゃカボチャ」とも呼ばれている。栄養が豊富で、排尿トラブル、ガン、生活習慣病などの予防に有効な成分。

ノコギリヤシ

北米南東部のヤシ科のハーブの一種で、前立腺肥大の抑制、泌尿器系の改善、薄毛対策などの効果が期待できる。

ケルセチン

「玉ねぎ」や「さやえんどう」などの野菜や果物に含まれ、血流改善、ダイエット、動脈硬化の予防など様々な効果がある。

DHA

イワシやサバなどの青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸(オメガ3)で、脳の活性化やコレステロールの抑制などに良い。

EPA

DHAと同じ青魚に含まれる不飽和脂肪酸(オメガ3)で、血液をサラサラにしたり、中性脂肪を減らすなど様々な作用がある。

クエン酸

梅干しや柑橘類に含まれる酸味成分の正体。疲労回復、痛風や筋肉痛の予防、血流改善、ミネラル吸収促進効果などがある。

田七人参

ウコギ科トチバニンジン属の多年草。中国南部が原産で、血糖値を改善したり、活性酸素を除去する働きがある。

アンセリン

カツオやマグロなどの回遊魚に含まれ、アンチエイジング効果、疲労回復効果、生活習慣病の改善効果などがある。

五苓散

漢方薬の1つで、水分循環を改善する作用がある。吐き気、嘔吐、めまい、むくみ、喉が渇いて尿量が少ない時などに良い。

猪苓湯

尿や膀胱のトラブル改善に使用する漢方薬。喉が渇いて尿が出にくい、排尿困難、排尿痛、血尿、尿量の減少などに効果的。

シトルリン

アミノ酸の一種でスイカやキュウリなどの野菜に含まれている。冷え性・肩凝り・むくみの改善、血流促進、精力増強などに良い。

アリシン

ニンニクなどに含まれ、強烈な匂いの元となる成分。抗菌や抗カビ、血液サラサラ、疲労回復、抗酸化などの作用がある。

タウリン

魚介類に多く含まれている成分。生活習慣病を予防したり、肝機能をサポートしてくれる。
γトコフェロール ビタミンEの1種で美容成分として注目され、美肌やむくみ対策に良い。豆乳、納豆、豆腐などの豆類に多く含まれている。
スピルリナ 良質なタンパク質を含んでいる藍藻類の一種。フィコシアニンという成分が含まれていることで注目されている。免疫力アップ、抗酸化作用、アンチエイジング、生活習慣病の予防などの効果が期待できる。

 

これらは腎臓に良い効果を与えてくれる成分です。その理由などを含めて、さらに詳しく知りたい方は腎臓に良い成分でご説明していますので、ご参照ください。上記の成分が豊富に含まれている製品が腎臓に良いサプリメントと言えるでしょう!

 

最近はタウリンが様々な健康効果があることで注目されていますが、腎臓にも良い影響を与えてくれることがわかってきました。当サイトでは、タウリンサプリメントについてもご紹介しています。


健康診断の結果で腎臓のSOSのサインを見逃さないためには?

健康診断のデータと看護師

 

自覚症状が現れにくい!

腎臓は障害が発生しても、最初はなかなか自覚症状が現れません。そのため気が付いたら病状がある程度進行しているというケースもあります。そのような事態を防いで早期発見するためには、定期的に実施される健康診断の結果をしっかりチェックすることが不可欠になります。

 

<重要チェック項目>

尿たんぱく・尿潜血(血尿)・・・陽性(+以上)

検査で尿たんぱくや血尿が見つかると、腎臓に何かしらの障害が発生している疑いがあります。そのため内科で再検査を受診されたほうが良いでしょう。

 

ただし、これらの症状が出たからといって腎臓の病気とは限りません。「激しい運動をした」「熱が出た」「大きなストレスを感じた」「横になった姿勢から立ち上がった」などの後に、一時的にたんぱく尿ができることがあります。さらには水分の摂取量が少なかったり、汗をたくさんかいた時にも尿が濃縮されて陽性と判定されることがあります。

 

また、女性の場合は月経血が混じって血尿になったり、性交や運動でも一過性の血尿が出てしまうことがあります。これらは腎臓とは関係ありません。

 

このように体調や過ごし方などによって検査結果が左右されますので、検査は何度か繰り返して受診することもあります。それによって腎臓に障害があるか判断します。

 

クレアチニン値(目安)・・・男性1.3mg/dl以上、女性1.1mg/dl以上

クレアチニンは、筋肉を作ったり、動かしたりするときにサポートしてくれるクレアチンというタンパク質(アミノ酸)が、運動エネルギーとして代謝された後に発生した体内の老廃物です。この老廃物は腎臓で血液を濾過する際に尿として体外に排出されます。

 

そのため、クレアチニンは腎臓の状態をチェックするための指標となっています。検査については、血液中のクレアチニン濃度を測定する方法と尿中のクレアチニンの含有量を測定する方法があります。

 

一般社団法人の全国腎臓病協議会では、男性が1.2mg/dl以下、女性が1.0mg/dl以下を正常値としています。また、一般的な基準値としては、男性の場合は0.6〜1.1mg/dl、女性の場合は0.4〜0.8mg/dlとも言われています。

 

もし、男性で1.3mg/dl以上、女性で1.1mg/dl以上という検査結果が出た場合は、医療機関での受診を検討されたほうが良いでしょう。

 

腎臓の機能が低下すると尿中に排泄される量は減り、血液中に残ってしまいますので血清クレアチニンの値が高くなってしまいます。

 

つまり、血清クレアチニンの数値が高いほど、腎臓の機能の低下が著しいということになるのです。

 

尚、クレアチニンの数値は、濾過するフィルターの役目を果たしている糸球体の機能(GFR)が50%以下にならなければ上昇しません。そのため糸球体で濾過される血液の量を調べるクレアチニン・クリアランスという方法もあります。その方法であれば早い段階で異常を発見できますし、正確な状況を把握できます。

 

逆に数値が低ければ、筋ジストロフィーという体の筋肉が減少していく病気にかかっている可能性があります。男性が0.6mg/dl以下、女性が0.4mg/dl以下に低下している時は注意してください。尚、低すぎると尿崩症や糖尿病が発症している可能性があります。

 

尿酸値(目安)・・・男性7.0mg/dl以上、女性6.0mg/dl以上(低い場合は男女2.0mg/dl以下)

尿酸値が高ければ痛風になると聞いたことがある方は多いと思いますが、腎臓にも悪影響を与えるのです。尿酸はプリン体が細胞破壊やエネルギー代謝によって分解されて生成された老廃物です。尿酸の原料となっているプリン体は、肉・魚・野菜などの食品に含まれているものが2割、人間の体内で作られるものが8割です。

 

尿酸はそのほとんどが腎臓に運ばれて尿として排出されますが、腎臓の機能が低下すると、この処理がうまくいかなくなり尿酸が体内に蓄積してしまうのです。それによって高尿酸血症と呼ばれる症状が発生します。

 

尿酸値が高ければ腎臓に何かしらの問題があることが考えられます。この尿酸値の基準値については様々な見解がありますが、一般的に男性の場合は4.0〜6.5mg/dl、女性の場合は2.5〜5.5mg/dlくらいと言われています。

 

男性で7.0mg/dl以上、女性で6.0mg/dl以上という結果が出た場合は、医療機関で診てもらいましょう!

 

しかし、この尿酸値は低すぎても腎臓に良くないのです。数値が低いと低尿酸血症と呼ばれ、目安として男女ともに尿酸値2.0mg/dl以下の方が該当します。

 

では、どうして低いとダメなのでしょう?

 

そもそも尿酸はビタミンCと比較して10倍も強い抗酸化作用があり、活性酸素を除去してくれる物質なのです。血管の老化、癌、神経疾患などを予防したり、肌を若々しく保つ働きがあります。

 

つまり、必要不可欠な物質でもあるのです。

 

そのため尿酸値は高くても低くてもダメなのです。低い場合は激しい運動などを行った後に急性腎不全になる可能性があります。

 

それ以外では、下記の項目も腎臓の機能に影響を与えることがあります。該当する方は改善するように心掛けましょう!

 

1.血圧:収縮期130mmHg以上、拡張期85mmHg以上

 

2.血糖値(空腹時):126mg/dl以上

 

3.ヘモグロビンA1c:5.8%以上

 

4.中性脂肪値:150mg/dl以上

 

5.HDLコレステロール値:40mg/dl未満

 

6.LDLコレステロール値:140mg/dl以上

 

7.BMI(体格指数):25.0以上

 

上記の数値の結果が大きくオーバーしている方、あるいは気になるという方は、医療機関で腎臓の検査を受けるようにしましょう。

 

また、サプリメントを上手に活用して数値が改善したという体験談も多数あります。サプリは効果を保証するものではありませんが、悪い状況を改善するために良い成分が配合されていますので、体へのプラス効果が期待できるのです。

 

もちろん、それぞれの健康状態によって変わってきますので、あなたの体調をサプリメントのメーカー窓口に伝えて相談すると良いでしょう。


腎機能低下による影響と自覚症状、日常生活で気を付けることは?

体調不良で悩む人たち

 

腎臓病の主な自覚症状について

腎臓は血液中の老廃物を取り除いて尿として排泄したり、必要なものを再吸収したり、電解質の割合を一定に保ったり、体液成分を弱アルカリに調整するなど、私たちの体内で様々な役目を果たしています。

 

詳しくは、こちらをご覧ください → 腎臓の働き

 

そのため腎臓の機能に問題が生じて正常に役割を果たせなくなると、体のあらゆる箇所に支障が出てきます。

 

異常があった場合に早めに対処できれば良いのですが、腎臓は最初のうちは自覚症状がありませんので、職場などの定期健診の結果をチェックすることが大切です。しかし、気になる数値が出ても、「仕事が忙しいから後でいい」「どこも痛くないし大丈夫だろう」などの理由で放置すると、どんどん腎臓の状態が悪化して自覚症状が現れるようになります。

 

以下に主な自覚症状をご紹介します。

 

 

・靴下のゴム跡がくっきり残る

 

・靴がきつくなった

 

・指輪がきつくて抜けない

 

・体重が増えた

 

・朝起きるとまぶたが腫れぼったい

 

・足のスネを指で押すとへこむ

 

・尿が泡立っている

 

・血尿が出る

 

・尿が濁っている

 

・尿の量が多くなった、あるいは少なくなった

 

・血圧が高くなった

 

 

上記の症状ではむくみに関するものが多くなっていますが、腎臓の機能が低下すると、水分やナトリウムなどの排泄がスムーズにできなくなったり、タンパク質が尿の中に出てしまうなどの状態に陥り、むくみが出てしまうのです。むくみは手・足・顔などにできますが、悪化すると内臓器官にも発生することがあります。

 

むくみが気になったら要注意です!腎臓の状態を確認するようにしてください。

 

 

日常生活で気を付けることは?

腎臓は強い臓器ですので、機能が半分程度になっても役目を果たすことができます。しかし、機能が3分の1程度になると自覚症状が発生し、さらに5%以下になってしまうと、老廃物を排泄する働きができなくなり体内に溜まってしまいます。

 

その結果、尿毒症になってしまうのです。食欲不振、吐き気、貧血、むくみなどの症状に加えて、呼吸器官、消化器官、循環器官、内分泌、神経などにも不具合が発生します。

 

そして、状況がどんどん悪くなると、場合によっては透析療法などを行わなければならなくなります。

 

また、普段からサプリメントを愛用していれば腎臓病の予防に役立ちますが、日常生活も重要です。普段から、なるべく腎臓に負担をかけないように心掛けましょう!

 

毎日の小さな積み重ねが腎臓の状態を左右しますので、充分に注意してください。

 

一般的に健康に良くないと言われている生活習慣が腎臓にも悪影響を与えている

ようです。

 

ポイントになるのは、「食事」「お酒」「たばこ」「運動」「過労」「睡眠」「風邪」の7つです。その中で食事については、塩分やタンパク質の過剰摂取などの問題がありますので、最も重要です。毎日の食事内容を見直して、改善を図りましょう!

 

尚、詳細につきましては、腎臓に良い食べ物腎臓病の予防!生活習慣の注意点をご覧ください。

 

これから、いつまでも健康的な生活を送るためには、腎臓が正常に働いてくれることも大切な要素の1つなのです。

 

腎臓病は成人の8人に1人がかかっていると言われていますので、しっかり予防するように心掛けましょう!

 

あなたはいつまでも健康的な生活を送りたいですか?

 

このサイトに訪問して頂いた方は、皆さん、高い健康意識をお持ちだと思います。こちらでは腎臓に良いサプリメントをご紹介していますが、健康が気になる方にお役に立てる情報が満載ですので、ぜひ参考にしてください。



ホーム クレアギニンEX しじみにんにく極み タウリンサプリ ペポカボチャの種の効果 ノコギリヤシ