脂質代謝異常症と高尿酸血症の治療薬

脂質代謝異常症と治療薬について

健康保険証、健康診断書、薬

 

 

脂質代謝異常症は、以前は高脂血症と呼ばれていましたが、2007年から現在の名前に改名されました。この脂質代謝異常症は、血液中に含まれる脂質の量が異常に増えてしまう病気です。中でもトリグリセライドとコレステロールが異常に多くなっています。自覚症状がありませんので健康診断や病院での検査などを定期的に受けるようにしましょう。

 

最も大きな原因として考えられるのは食生活の乱れです。特にエネルギー、動物性脂肪、コレステロールを過剰に摂取したり、アルコールの摂り過ぎ、甘い物の食べ過ぎなどには充分に気をつけましょう。

 

大切なことは栄養のバランスが摂れた食事を心がけて、脂肪分や炭水化物を控えることです。また、食物繊維を積極的に摂るようにしましょう。食物繊維は血管壁にコレステロールが吸着するのを防いでくれるのです。尚、運動不足や喫煙も要因になりますので注意してください。

 

この病気になると、動脈硬化が進行して脳梗塞や心筋梗塞を誘発させるたけでなく、腎臓病を悪化させてしまうのです。つまり更なる怖い病気の引き金になるのです。

 

対策としては食事療法がありますが、病状が改善されない時は薬による治療が行われます。

 

特に腎臓病においてネフローゼ症候群の時は血液中の悪玉(LDL)コレステロールの数値が増えてしまいますので薬を使うのですが、改善が見られなければ効果が違う薬を組み合わせることがあります。

 

脂質異常症治療薬には、アトルバスタチンカルシウム、アムロジピンベシル酸塩などがあります。

 

アトルバスタチンカルシウムはコレステロールの合成を阻止する効果があり、アムロジピンベシル酸塩は血圧を下げてコレステロールを下げる働きがあります。両方ともに錠剤として販売されています。

 

ただし、服用する際には様々な注意事項があり、重大な副作用もありますので医師や薬剤師に相談するようにしましょう。


高尿酸血症と治療薬について

高尿酸血症は腎機能低下によって尿酸値が高くなる病気です。腎機能が正常に働かなくなると老廃物をスムーズに処理できなくなり、尿酸の排泄にも支障が生じて、尿酸が体内に溜まることによって発病します。

 

尿酸は腎臓に付着して、腎機能の働きを低下させるだけでなく、痛風や尿路結石を引き起こす原因にもなるのです。

 

そのため尿酸値が異常に高い時は、薬を使った治療を行います。薬には尿酸の排泄を促進させるタイプと尿酸の生成を妨げるタイプがありますので、それぞれの病状に適したものを使います。尚、腎不全にまで進行している時は尿酸が作られないようにするタイプの薬が最適です。

 

代表的な治療薬にはプロベネシド、ベンズブロマロンです。また痛風の症状を抑制する薬としてはコルヒチンなどがあります。

 

プロベネシドは元々はペニシリンの排泄をサポートするために作られた薬ですが、現在は高尿酸血症の治療薬として活用されることが多くなりました。弱くなった腎臓の尿酸の排泄機能をサポートしてくれる薬です。

 

尿は腎臓で生成されると尿細管を通って膀胱へ運ばれ、この時にアミノ酸や糖などの体に必要なエネルギーは血液に吸収されますが、同様に尿酸も吸収されることになるのです。

 

これは尿酸の再吸収と呼ばれています。そのため尿酸値を下げるためには再吸収する尿酸の量を抑制する必要があるのです。プロベネシドはこの理論に基づいて開発された薬です。

 

ベンズブロマロンもプロベネシドと同様の効果がある薬ですので、ほとんど同じ薬剤と考えて良いでしょう。

 

コルヒチンはヨーロッパ中南部から北アフリカに生息するユリ科のイヌサフランという植物に含まれているアルカロイドです。作用としては、痛風の激しい痛みの原因は白血球が尿酸の結晶を取り込んで炎症が発生することによって起きるのですが、コルヒチンはこの作用と抑制してくれますので痛みが悪化するのを防いでくれるのです。

 

尚、コルヒチンは炎症や痛みを抑える作用はなく症状の進行を抑える効果があるだけです。もちろん尿酸の排泄を促すこともありません。

 

また、肝臓や腎臓への障害、血液障害、脱毛などの副作用がある薬ですので、継続的に使用しないほうが良いでしょう。

脂質代謝異常症と高尿酸血症を改善する薬関連ページ

腎機能低下で不足物質を補う
腎機能が低下すると、腎臓によって生み出されていた物質を生成できなくなります。そのため体内に必要な物質が不足してしまうことがあるのです。そこで、それを補給するための薬があります。
副腎皮質ステロイドの服用
副腎皮質ステロイドがどのような薬で、どのような効果や効能があるか解説しています。また、服用する時の注意事項や副作用についてもご紹介しています。
体内の不要物を排出する薬
腎臓病が悪化して機能が衰えてくると体内の不要物を排出することが難しくなります。そこで、それらの不要物を体外へ処理してくれる薬をいくつかご紹介しています。
降圧薬は血圧を下げる
降圧薬は腎臓病治療に有効です。なぜなら高血圧になると腎機能を低下させてしまうからです。そのため状況に応じで降圧薬を使えば、役立てることができます。
免疫抑制薬の特徴
免疫抑制薬は腎臓病の治療で必要なケースが出てきます。その理由は免疫の異常によって腎臓に悪影響を及ぼすことがあるからです。
血流を改善する薬:腎臓病
腎臓病治療には様々な薬が使用されています。その中でも血流を改善する薬は必要不可欠であり、様々な病状で役に立ちます。

ホーム クレアギニンEX しじみにんにく極み タウリンサプリ ペポカボチャの種の効果 ノコギリヤシ