腎臓の働き

腎臓の主な機能について

腎臓、医師、看護師、患者

 

 

腎臓と聞いても、あまりピンと来ない方も多いかもしれません。名前はよく聞くけれど、具体的にどんな働きがあるのかご存知でない方もいらっしゃるでしょう。実は人間が生きていくためには必要不可欠な臓器なのです。

 

腎臓は大きく分けると主に5つの機能がありますので、それを具体的にご説明します。

 

1.尿を作り出して体外へ排出

体内の血液を濾過して、不要な老廃物や塩分を尿として体外へ排出する働きがあります。この仕事は毛細血管が複雑に絡み合った直径0.2ミリ程度の糸球体という組織で行われていて、糸球体は左右の両方の腎臓で約200万個も存在しています。糸球体はネフロンという腎臓の基本的な機能単位の一部です。

 

濾過のフィルターとしての役割を持っているのは毛細血管の壁で、この壁では赤血球・白血球・大きめのタンパク質などの体に必要なものを残します。一方で有害物質は細かいためフィルターを通り抜けます。そして原尿と呼ばれるものが出来上がるのです。原尿は1日に約150リットル造られます。

 

原尿はそのまま排出されるわけではありません。その中には、フィルターを通り抜けてしまっても体に必要な成分もありますので、それを再吸収するのです。その任務を遂行しているのが尿細管です。尿細管によって原尿の99%が再吸収されて、実際に尿として体外へ排出されるのは1.5リットルになります。尿の成分にはクレアチニン、尿酸、尿素窒素、あるいは尿を黄色くしているウロビリンなどが含まれています。

 

そして造られた尿は腎臓の奥にある腎盂(じんう)に蓄積されて尿管を経由して膀胱へ運ばれるのです。その後、尿として排出されます。

 

2.体内の水分・電解質・やイオンバランスを調整

体全体の水分量を調整する大切な役割を持っています。私たちの体の約60%は水ですが、これは常に一定です。その水分を一定に保つ働きをしているのが腎臓なのです。水を飲み過ぎた時は尿の量が増えたり、汗の量が多いときは尿が少なるなど、上手に調整しています。もし腎臓に不具合が発生して、機能に支障が生じると、水分を多く吸収した際に尿をして排出できずに体内に水分が溜まることになるのです。

 

また、体内の水分にはナトリウム、カリウム、リン、カルシウム、マグネシウムなどの電解質と呼ばれる成分を含んでいますが、腎臓は排泄や再吸収などの中で電解質の濃度を一定に維持しています。この調整機能に問題が起こり濃度のバランスが乱れると、体のあちこちで様々な障害が発生します。

 

そして腎臓には体内の液体成分を弱アルカリ性に保つ働きがあります。腎臓は水素イオンの排出を調整して、ペーハー(PH)7.4の値をキープしてちょうど良いバランスをキープしているのです。これはとても大事な役目で、もし、体液がアルカリ性が強くなったり、酸性になると細胞は生きられないのです。

 

3.ビタミンDを活性型ビタミンDに変える

腎臓は腸から取り込まれたビタミンDを活性化ビタミンDに変える働きがあります。活性化ビタミンDはカルシウムが腸で吸収されやすいようにサポートしたり、腎尿細管におけるカルシウムの再吸収を促進します。また、副甲状腺ホルモンの血中濃度を下げる効果もあります。

 

腎臓に不具合が生じて充分に作用しなくなると、カルシウムの吸収に影響を与えることになりますので、骨が弱くなり、骨軟化症や骨粗しょう症などを引き起こす可能性があります。

 

4.血液を作るホルモンを分泌

人間の血液(赤血球)は、エリスロポエチンというホルモンが骨髄の造血幹細胞に作用して作られています。このエリスロポエチンは腎臓で作られていますので、腎臓は血液を作る大切なホルモンを分泌しているのです。もし、腎臓に支障が出て、このホルモンが充分に分泌されなくなると、貧血などの症状が出てきます。

 

この状況で起こりやすいのは腎性貧血です。赤血球は酸素を体内に運搬する役目を持っていますので、赤血球不足で貧血になると、「めまい」「動悸」「息切れ」「疲労」などの症状が現れます。また、酸素が足りなくなると、それを補うために心臓に大きな負担がかかってしまうのです。尚、貧血かどうかの判断はヘモグロビンの値をチェックすればわかります。

 

5.血圧を調整

腎臓には血圧を調整する働きがあります。腎臓でレニンと呼ばれる酵素が作られていますが、このレニンがタンパク質と反応し血管を収縮する働きがあるアンジテンシンUになり、これが血圧を上げるのです。腎臓では血圧の状況によって、レニンの分泌の量を調整して血圧をコントロールしています。

 

また、血圧が上がると腎臓の骨髄からキニンやカリクレインなどのホルモンを分泌し、血管を拡げて血圧を抑制してくれます。このようにして、うまく血圧調整をしていますので、腎機能が低下すると血圧が上昇することがあるのです。

 

 

 

腎臓は人間にとって大切な器官であることは、おわかり頂けたと思います。そのため腎臓はいつも正常に保たなければなりません。もし、上記の項目で思い当たることがあれば、1度自分の体をチェックしたほうが良いでしょう。


腎臓にはどんな働きがあるの?関連ページ

腎臓と妊娠・出産
腎臓に不安を抱えていたり、腎臓病を患っている方が妊娠や出産が可能であるかどうか、あるいは、どのような影響が出るかお伝えしています。何よりも不安を解消することが大切ですね。
透析療法とは?
腎不全を患い、症状が末期を迎える頃には透析療法の導入を検討しなければならない時期となります。こちらでは、そんな透析療法についての情報を詳細にお伝えしています。
腎臓病の予防!生活習慣
腎臓病を予防するためには、どのような点に注意したら良いでしょう?気を付けるべきポイントを具体的に説明しています。特に毎日の食生活が大きなカギを握っていますので、食事内容をしっかりとチェックするようにしましょう。
腎臓とむくみの関係
腎臓とむくみは密接な関係があります。それは腎臓が悪くなると手、足、顔などにむくみが見られるようになるからです。しかし、その原因は様々ですので、正しい知識を身に付けることが大切です。
腎移植手術の方法と注意点
腎移植手術がどのような治療であるか説明しています。また、この手術がどんな方法で行われ、どんな点に注意したら良いかについても詳しくご紹介しています。
腎臓病と栄養の補給
腎臓病になると、栄養の補給が難しくなることがあります。それは、それぞれの病状に合わせた食事療法による治療を行わなければならないからです。食事療法では特定の成分の摂取を制限されますので、それによって必要な栄養が不足することがあります。そのためサプリメントなどで補給することが大切です。
腎臓病の悪化を防止する発見
完治が難しいと言われている腎臓病ですが、その悪化を防ぐ方法については研究が進んでいます。東北大学の研究グループがエリスロポエチン産生細胞に注目した発見は、これからの腎臓病治療に大いに役立つでしょう。

ホーム クレアギニンEX しじみにんにく極み タウリンサプリ ペポカボチャの種の効果 ノコギリヤシ