腎臓に良い成分とは?

腎臓の負担を軽減して、腎臓病を予防する成分!

オルニチン、ノコギリヤシ、ペポカボチャ

あなたは腎臓に不安をお持ちでしょうか?

 

それなら体内に腎臓に良い成分を取り入れてあげましょう!

 

腎臓に良い成分とは、腎臓の働きをサポートして負担を軽減したり、腎臓病を予防する効果が期待できる成分のことです。

 

私たちが健康で元気に生活するためには病気を予防することが大切ですが、腎臓は病気になっても、ある程度悪化するまで自覚症状が現れないという特徴があります。そこで健康診断や尿検査で少しでも気になる結果が出たら、すぐに医師の診察を受けることが大切です。

 

また、普段から予防する意識が強ければ、検査でも正常値を保つことができますので、日常生活の中で腎臓に暴飲暴食を避けるなど、労わってあげることも忘れてはいけません。

 

それに加えて、腎臓に良い成分を吸収してあげることも必要なことですので、こちらでは該当する成分をピックアップすることにしました。

 

様々な成分がありますが、どうしても普段の食事だけでは十分に摂取することが難しいものもあります。そこでサプリメントなどを活用して補給する方法もあります。

 

こちらでご紹介している成分は、腎臓に良いことはもちろんですが、それ以外の効果や効能が期待できるものです。

 

アンモニアの解毒を促進して肝機能をサポートしてくれるオルニチン、主に泌尿器系の病気予防・改善に効果があるペポカボチャの種ノコギリヤシ、老化・生活習慣病・動脈硬化の予防効果があると言われているケルセチン、血流改善や尿素回路を活性化するシトルリンなどをピックアップしました。

 

尚、腎臓に良い成分の中には、他の器官の病気の予防や改善に対しても有効なものもありますし、あるいは直接腎臓に対して作用しなくても、他の器官の不具合を改善することによって間接的に腎臓に好影響を与える成分もあります。

 

そのため自分の体をチェックしてから、どんな成分が必要であるか判断するようにしましょう!


どんな成分が必要であるか判断すること

体の不調を感じている老人と女性、食欲旺盛な若者

 

 

自分に必要な成分については、毎日の生活習慣を振り返ったり、いつも抱えている悩みを思い返すことによって見つけることができます。

 

例えば、お酒の付き合いが多い方は肝機能をサポートするオルニチンを摂取するのが望ましいですし、頻尿に悩んでいるのであればノコギリヤシやペポカボチャの種、冷え性に悩んでいる方であれば血流を改善するシトルリンなどが必要な成分と言えるでしょう。

 

ただし、必要な成分だからと言って、そればかりを摂り過ぎないように気を付けましょう!過剰摂取による副作用はそれほど心配することはありませんが、何でもバランスよく吸収することが大切です。

 

また、腎臓に良い成分であっても、カリウムなどは重度の腎臓病になった時は摂取を制限されることもあります。その他にも状況によっては過剰摂取をしてはいけない成分もありますので、必ず決められた摂取量を守ることが大切です。

 

つまり、どんなに体に良い成分であっても自分の健康状態に合っていなければ、体内に吸収しても意味がないということです。そのため自分の体調を常に把握していることが重要なのです。


腎臓に良い成分記事一覧

オルニチンとは?

オルニチンとは何でしょう?オルニチンという言葉を聞いたことがある方はたくさんいらっしゃると思います。最近はテレビのコマーシャルなどで、オルニチンのサプリメントが盛んに宣伝されていますので、自然に耳に入ってくることが多いでしょう。「なんとなく体に良さそう」、あるいは「二日酔いや疲労回復に効果がありそう...

≫続きを読む

ペポカボチャの種の効果

ペポカボチャの種には素晴らしい効果があるのをご存知ですか?ペポカボチャの種と言われてもピンとこない方がいらっしゃるかもしれません。中には「そもそも食べられるの?」と思った方もおられるでしょう!しかし、たくさんの栄養が含まれていて、素晴らしい健康効果がある食材なのです。最も注目されているペポカボチャの...

≫続きを読む

ノコギリヤシは腎臓にいいの?

ノコギリヤシは腎臓にいいのでしょうか?一般的にノコギリヤシと言えば、頻尿などの泌尿器系のトラブルや薄毛に関する悩みなどを解決する成分というイメージが強いと思います。そのため「腎臓とはあまり結びつかない」と思う方がいらっしゃるかもしれません。しかし、泌尿器系と腎臓は繋がっていますし、腎臓で最も重要な機...

≫続きを読む

ケルセチンの効能

ケルセチンにはどんな効能があるの?ケルセチン(クェルセチン)は野菜や果物などに含まれているフラボノイドの1つで、黄色い色素成分です。ビタミン類と似たような働きをするビタミン様物質(ビタミンP)に分類されています。強い抗酸化作用により活性酸素を取り除いたり、血液をサラサラにしたり、脂肪の吸収を抑制する...

≫続きを読む

シトルリンにはどんな効果があるの?

シトルリンはどんな効果がある物質なのでしょう?シトルリンは遊離アミノ酸の1種で、私たちの体内で重要な役割を果たしています。スイカ、ヘチマ、メロン、ゴーヤなど、主にウリ科の食品に含まれていますが、特にスイカの葉や皮に多いと言われています。シトルリンの効果ですが、大きく分けると2つあります。1つは血流を...

≫続きを読む


ホーム クレアギニンEX しじみにんにく極み タウリンサプリ ペポカボチャの種の効果 ノコギリヤシ