腎臓 しじみ

腎臓病とシジミに含まれる成分について

栄養が豊富なシジミ

 

 

シジミは腎臓に良い食べ物として知られています!

 

その理由は腎臓に良い影響を与えてくれる栄養成分を豊富に含んでいるからです。これについてはテレビでも取り上げられ、大きな注目を集めるようになりました。

 

 

 

腎臓に良いサプリメントでも、シジミが含まれている商品がたくさんあります!


 

もちろん、シジミには多くの栄養成分が含まれていますので、「腎臓に良い」という以外にも様々な健康効果が期待できます。

 

それでは、実際にどのような成分が含まれているのでしょう?

 

1.オルニチン

アミノ酸の一種であるオルニチンは、肝臓でオルニチンサイクルと呼ばれる尿素回路(代謝回路)を作り、アンモニアを無毒な尿素に変換します。つまりオルニチンはアンモニアを解毒し、腎臓が不純物などを濾過する働きを軽減してくれているのです。そのため二日酔いの予防や改善に効果があります。

 

また、オルニチンはアルコール性疲労を回復させる効果があります。アルコール性疲労とは、お酒を飲んだ翌日に体がだるくなったり、頭が重くなるなどの症状を指します。これは脳のエネルギー不足が原因です。

 

アルコールが体内に吸収されると、そのアルコールが分解される過程で生成されるNADH(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)という物質が増えてしまいます。このNADHはブドウ糖やケトン体などの脳の働きを活発にする物質の生産を妨げてしまうのです。それによって脳のエネルギー不足が発生してしまいます。

 

このNADHはオルニチンサイクルでアンモニアを解毒する際に消費してくれますので、アルコール性疲労が回復するのです。

 

肌の代謝を活発にしてシワやシミを消す効果、髪の毛や爪の成長を促す効果、血液や腸など体内の免疫力をアップさせる効果、肝臓全体の機能を正常に保つ効果もあると言われています。

2.タウリン

タウリンは、サザエ・ハマグリ・イカ・タコ・カキ・ホタテ・アサリなどの魚介類に多く含まれている水溶性の成分で、含硫アミノ酸(アミノエチルスルホン酸)とも呼ばれています。私たちの体内でも脳、目の網膜、筋肉、臓器などに含まれています。

 

主な効能は大きくわけて3つあります。まず、1つ目は肝細胞がダメージを受けた際に修復したり、細胞の再生を促進するなど、元の状態に回復させようとする働きがあります。2つ目は胆汁酸の分泌を活発にして、肝機能を高める働きがあります。胆汁酸は不要なコレステロールを排出する働きがありますので、動脈硬化の予防にもなるのです。

 

3つ目は細胞膜を安定させることです。内側がマイナスイオンで外側がプラスイオンとなっている細胞膜を安定化させることによって、その機能を維持してくれます。

 

それ以外にも、肝臓に蓄積した脂肪肝を排出したり、ノルアドレナリンや交感神経を抑制したり、高血圧を改善する働きがあります。また、アルコールの分解を早め肝臓への負担を軽減したり、血糖値を下げてインスリンの分泌を促すため糖尿病対策にも良いと言われています。

 

このようにタウリンは、主に肝臓をサポートする働きがありますので、腎臓にも良い成分と言えるでしょう。肝機能に障害が発生すると腎臓にも悪影響を与えてしまいますので、肝臓と腎臓の健康維持に良いのです。

 

また、交感神経を抑制する作用は腎機能を高めてくれます。交感神経は、腎臓がナトリウムや水分を排出して血液量を減少させる働きを邪魔しています。それによって腎臓は本来の役割を果たせなくなり、血圧が上がってしまいます。

 

タウリンは交感神経の活動を抑制してくれますので、腎機能を正常化して、高血圧を防いでくれるのです。

 

摂取するのであれば、食材よりもタウリンサプリメントがお手軽で良いでしょう。毎日の食事で補給するのであれば、魚介類を多めに食べる必要があります。

 

3.亜鉛

亜鉛は人間の体に必要不可欠な必須ミネラルと言われています。食品では豚肉(レバー)、牡蠣、ホヤ、牛肉(肩)などに多く含まれ、体内の筋肉、骨、臓器などに存在しますが、貯蔵することができないため、常に摂取することを意識しなければなりません。

 

亜鉛は味覚細胞の形成に大きな役割を果たしています。亜鉛が不足すると味蕾の入り口である味孔(みこう)と呼ばれる組織に問題が生じて、味細胞に支障を来すことになります。つまり亜鉛は味覚を正常化する働きがあるのです。

 

また、亜鉛は活性酸素の1つであるスーパーオキサイドラジカルを消去するSOD(スーパーオキサイドディスムターゼ)という酵素のパワーを強化するために、欠かせない物質です。活性酸素は病気や老化の原因になる嫌な物質です。そのため亜鉛を摂取することは健康やアンチエイジングに良いということです。それに加えてウイルスや細菌の感染を抑制するナチュラルキラー細胞を活性化しますので、免疫力を高める効果もあります。

 

その他には生殖機能をアップさせる効果があると言われています。男性の精子を作り出したり、女性ホルモンの分泌を促進させてバストアップの効果もあるのです。そして亜鉛は爪や髪を生成するタンパク質の合成をサポートしていますし、肌のターンオーバーにも欠かせません。さらにコラーゲン生成にも関与しているのです。そう考えると、美しい肌や髪を手に入れたいのであれば、亜鉛は欠かせない成分と言えるでしょう。

 

ところで、亜鉛は腎臓に良くないという人もいますので、不安を感じている方もいらっしゃるかもしれません。確かに過剰摂取をすると腎臓に大きな負担となり、不具合が発生することがありますが、サプリメントなどで摂る場合は決められた容量を守っていれば問題ありません。

 

また、亜鉛を含む食べ物は食べ過ぎないようにしましょう。

 

尚、医師から亜鉛の摂取量を制限されている場合は、その指示に従うことが大切です。

 

4.ビタミンB群

「ビタミンB1」「ビタミンB2」「ビタミンB6」「ビタミンB12」「ナイアシン」「パントテン酸」「ビオチン」「葉酸」が含まれています。それぞれ違った働きがあり、どれも重要ですが、中でもビタミンB12と葉酸はお互いに協力して赤血球の生成に携わる重要な栄養素です。これが不足すると、赤血球が減少して貧血の原因にもなります。

 

尚、葉酸はビタミンB9とも呼ばれている水溶性のビタミンで、細胞の分裂や増殖、臓器の形成に必要な栄養素です。妊婦さんが摂取する成分としても知られています。赤ちゃんがお母さんのお腹で大きく成長する時期には葉酸は欠かせません。

5.カルシウム

カルシウムは桜エビ、プロセスチーズ、しらす干し、いかなご、あゆ、わかさぎ、イワシの丸干し、パセリ、カマンベールチーズなどに多く含まれています。

 

カルシウムは骨や歯を作ることで知られていますが、実際に私たちの体内のカルシウムは、99%が骨、1%が筋肉や血液中に存在しています。この1%のカルシウムはホルモン分泌や血液凝固などに欠かせない大切なもので、機能カルシウムと呼ばれています。もし、機能カルシウムが不足した場合は、骨からカルシウムを取り出すことになりますので、骨粗しょう症の原因になることがあります。

 

また、カルシウムはイライラを解消して神経を安定させる効果があります。人は興奮や緊張によって神経が高ぶっていたリ、ストレスを感じることがありますが、それを和らげてくれるのです。その他にカルシウムは高血圧や動脈硬化を予防する働きがあると言われています。

6.鉄分

鉄分は様々な食材に含まれています。肉類であれば豚・鶏・牛のレバー、牛もも肉など、魚介類であればハマグリ、カツオ、ニジマス、ワカサギなど、豆類であれば納豆、がんもどき、豆腐など、野菜類であればホウレンソウ、小松菜、切り干し大根、インゲン豆などです。

 

これらはヘム鉄と非ヘム鉄に分別できます。ヘム鉄は肉類、魚類などの動物性食品に入っている鉄分で、非ヘム鉄は野菜などの植物性食品に入っている鉄分が該当します。尚、ヘム鉄のほうが非ヘム鉄に比べて数倍も体に吸収されやすいのです。

 

鉄分の主な働きとして、赤血球のヘモグロビンや筋肉のミオグロビンを構成する成分となり、全身に酸素を運ぶ役目を果たしています。そのため鉄分が不足すると赤血球が減少して貧血の原因になります。また、鉄分はその他にも「免疫力を高める」「口内炎を予防する」「低血圧を改善する」「成長を促進する」「疲労を回復させる」「活性酸素の除去」「ATP(アデノシン三リン酸の生成」などの効果があります。

 

ATPとはエネルギーの貯蔵や放出、物質の合成や代謝などの体内で重要な役割に関わっている物質です。このATPは神経伝達物質と共に細胞組織の間から放出され、筋肉の収縮、聴覚や味覚などの情報を伝達するう上で欠かせないものなのです。

 

さて、上記の中で最も大きな役割を果たしているのはオルニチンです。オルニチンは、腎臓の濾過機能をサポートしてくれます。「腎臓にシジミが良いと言われている一番の理由は、オルニチンが含まれているから」と言っても過言ではありません。

 

その他には、タウリンや亜鉛の存在も大きいと言えるでしょう。腎臓に悪い高血圧や高血糖の状態を改善してくれますので、これらの成分も見逃せません。


しじみの栄養を摂取するなら、このサプリメントがオススメです!

オルニパワーZnプラスはオルニチンサプリメントの中で、最もオススメしたい商品です。

 

このサプリは、飲み会や仕事などの疲労を解消するために、薬剤師がオルニチンを中心にサポート成分をバランス良くブレンドした商品です。

 

研究を重ねた結果、「しじみ」「牡蠣」「アスタキサンチン」という3つの栄養成分を上手に配合して、実感率が高いサプリメントが完成しました。

 

しじみはオルニチンがたっぷり含まれていることは広く知れ渡っていますが、それだけではありません。ビタミン類やアミノ酸なども豊富に含まれて栄養満点の食材です。

 

牡蠣には、亜鉛、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、マンガン、鉄分、カリウムなどの10種類のミネラル、イソロイシン、アラニン、セリン、グルタミン酸、アスパラギン酸、グリシン、チロシン、シスチンなどの17種類のアミノ酸、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンE、葉酸などの8種類のビタミンが含まれています。

 

アスタキサンチンはエビ、サケ、イクラ、タイなどに含まれている赤や橙の色素で、カロテノイドの一種です。

 

抗酸化力や抗炎症作用などがあり、紫外線のダメージから身を守ったり、老化を早めたり病気の要因にもなる活性酸素を消去する働きがあります。

 

尚、オルニパワーZnプラスは、

現在500円(税込・送料無料)でお試しができる特別キャンペーン

を行っています。

 

定期便の初回購入価格が500円というお得な設定になっていますので、お気軽に購入できます。

 

定期便と言っても、いつでも解約や休止が自由で、回数や期間の縛りがありません。

 

そのため、初回500円でお試し頂いて、ご自分に合わないと判断された場合は、2回目以降は注文をストップして頂いて良いのです。

 

また、お酒を飲む機会だけ必要という方は、毎月1袋消費しないかもしれません。そんな方は、2、3ヶ月に1回などのお届けも可能ですし、余ってしまった時はお休みすることも可能です。

 

もちろん、メーカー窓口の対応も親切丁寧ですので、お気軽に相談やお問い合わせができます。

 

 

オルニパワーZnプラス!500円

 

腎臓にしじみが良い理由は?関連ページ

腎臓病の食事
腎臓病の食事は、普段とは違うレシピを考えなければなりません。そのために重要なポイントを紹介しています。特に過剰に摂取してはいけない栄養成分を抑えておきましょう。摂取量を厳守しなければ状況が悪くなることがありますので充分に注意が必要です。
スイカは腎臓にいいの?
腎臓に良い食べ物と言われているスイカですが、本当などうなのでしょうか?その根拠や食べる際の注意点などについてお伝えしています。カリウムが多い食材のスイカは必ずしも、腎臓に良いとは限らないのです。特に腎臓病を患っている方は気を付けてください。

ホーム クレアギニンEX しじみにんにく極み タウリンサプリ ペポカボチャの種の効果 ノコギリヤシ